違いを知れば知るほど気になる!ハイレゾって一体何?

高品質な音源だと言われるハイレゾですが、非ハイレゾ音源と比較すると多くのメリットがあります。 普段からよく音楽を聴く方はもちろんですが、こだわりがないと思っている人ほどハイレゾを知るとこの音源でしか聴けなくなってしまったという方が多いのです。ここではハイレゾ音源の特徴とメリットを紹介していきます。

音質が良く、且つ伸びやかに聞こえるハイレゾ音源ですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか? いくつかのデメリットがありますが、その中でも専用のソフト・アプリや出力装置が必要である事、また周波数や音域が広いので、従来の音楽データよりも容量が大きくなってしまうという特徴があります。

ハイレゾと非ハイレゾを比較してみた!

音楽を良く聴く方や、音源データにこだわっている方から支持されているハイレゾ音源ですが、通常の音源データと何か違いはあるのでしょうか?
そもそもハイレゾというのはハイレゾリューションの略で、直訳すると高精細、または高解像度という意味があります。このデータは通常の音源(CDなど)に比べると情報量が多いので、まるで生演奏を聴いている様な感覚になるといわれています。
ちなみに音源の良さというのは一般的にサンプリング周波数と量子化ビット数で決められています。サンプリング周波数というのは、アナログ信号をデジタル信号に変換する際に、どのくらいの間隔で記録しているかを表す値です。数値が高いほど、その記録間隔は狭くより原音に近い状態で記録されるのです。通常の音源が44.1kHzに比べ、ハイレゾ音源は96~192kHzが主流と言われています。

続いて量子化ビット数ですが、この数値は音の大小や細かさを記録している数値です。この数値が高いほど音の強弱が滑らかになりますので、聴き手はよりダイナミックに聞こえると言われています。ちなみに従来の音源は16bit、ハイレゾ音源に関しては24bitとなります。
他にも音の細かさを決めるデータ量が、従来の音源の約6倍となりますので、今まで聞き取れなかった微かな音の変化に気付く事が出来る、または臨場感のある音を体験出来るのです。従来だと1秒間に44100回切り取りをして保存しているのですが、ハイレゾに関しては1秒間に19200回の音を切り取って保存しています。

専用のソフトやアプリ、そして音源の出力装置があればハイレゾを全力で楽しむ事が出来ます。接続方法や概要を説明していますので、これからハイレゾ音源を楽しみたいという方には役立つ情報だと言えます。 ちなみにスマホやPCでもハイレゾ音源を再生する事は出来ますが、音質が低下してしまうのでおすすめできません。